「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
ありのままの事実を、感じた事を全て残しておくことにしました。

2015-12-23から1日間の記事一覧

八月二日(土)

母が再び蝉を捕まえてきた。でも、ぺいは、全く興味を示さない。そうこうしているうち、母が、ぺいが歩いている時、蝉をぺいの背中の上に乗せた。折角、捕まえてきたのだし、そうすれば、さすがに、少しぐらい蝉の相手をすると思ったに違いない。すると、そ…

八月一日(金)

本当に無情だ。日に日に下顎の腐敗が進んで、ほとんど喉にまで達してきている。もし、このまま腐敗が止まらなかったら舌が根本から抜けてしまうのか?もし、舌が抜けても生きてゆけるのか?舌がなくなったら、完全に気道に湿りっ気のない空気がストレートに…

七月二十八日(月)

癌の浸潤が影響しているのだろうか?目ヤニ以外にも、鼻の穴にも汚れた鼻水が固まって黒い瘡蓋が出来ている。黒い目ヤニと、鼻の穴の黒い瘡蓋。もう、既に下顎は完全になくなってしまっている。そして、舌は下向きに反り返って完全に外気に触れている。本当…