「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
ありのままの事実を、感じた事を全て残しておくことにしました。

三月三日(月)

今日は、手術日。ついでに、あらためての組織病理検査もある。仕事は、有給休暇を取得した。朝起きて、ぺいの様子を見ると血の混じった涎をツーっと垂らしている。どんどん腫瘍が大きくなって組織が破れて出血してきたようだ。そんな様子のぺいを、午前中につれてきて下さいと先生から言われていたので、一〇時頃、病院に連れていった。私は、前回、先生から扁平上皮癌というキーワードを耳にしてから以降、四六時中、扁平上皮癌についてインターネットで色々と調べた。もし、扁平上皮癌でも、早期発見の場合には、助かる確率が高いという事も分かった。初めて病院を訪れた時には、ほんの少しだけ歯肉が赤くなっている程度だった。あれから、まだ一か月も経過していない。それと、そもそも、最初の組織織病理検査では扁平上皮癌ではなかった。だから、まだ、扁平上皮癌だと確定してもいない。本当に扁平上皮癌なんだろうか?正直、半信半疑で逆に絶対に癌ではないと信じたかった。しかし、もう腫瘍は、かなり膨らんでいる。受付を済ませて暫くすると名前を呼ばれた。手術は、十四時から開始との事で、ぺいを預けた。病院からは、また、夕方迎えに来て下さいとの話があった。私は、もし、ぺいが扁平上皮癌だったとしても、今まで可能な限り早く対応してきたから大丈夫なはずだと信じたかった。そして、ぺいは絶対に助かる。そう祈った。そして、手術が無事に終わる事だけを考えて過ごしていた。

 f:id:pei0823:20151212230123j:plainf:id:pei0823:20151006234453j:plain

 そして、手術開始の十四時を十五分程過ぎた頃、携帯電話が鳴った。病院からだ。いったい何だろう?手術が無事に終わったにしては早過ぎる。そもそも、手術の結果を連絡するといったことも聞いていない。そんな事を思いながら電話に出てみると、「麻酔をして腫瘍を見てみたところ思ったより腫瘍が大きくて、うちの病院では手に負えないです」との言葉。私は、まさかの展開に言葉を失った。そして、少し間が空いて何とか声を搾り出せた。「あっ、はい…。そうですか…」すると、先生からは、「そういう事ですので、お迎えに来て下さい。今後については、その時ご相談しましょう」との事。私は、「分りました」と、答えて電話を切った。

 

 そうして、すっかり日が暮れた十九時過ぎ。ぺいを迎えに病院へ行った。病院では、ぺいの口腔写真を見せてもらった。そして、「うちの病院では手に負えませんが、もっと大きな病院であれば手術出来ると思います。どうされますか?」との事。そして、もし、手術をするのなら、A大学附属病院、T動物医療センターの順で、お勧めしたいとの説明があった。ちなみに、必要になる医療費は、手術と放射線治療など全て合算すると、いずれの病院でも、およそ百万円ほど必要になるそうだ。ちなみに自宅からの距離は、A大学附属病院までは片道電車で二時間、T動物医療センターだと三十分ほど。先生としては、遠くてもA大学附属病院の方をお勧めしたいとの話があった。私は、とにかく、ぺいの命を助けたかったので、遠くても先生が一番推奨するA大学附属病院で手術をしたいという意思を伝えた。ただ、この日は、もう夜間であった為、病院の受付は終了しているとの事で、明日、朝一番で確認して貰い、手術可能な最速日を連絡頂ける事になった。それと、手術と一緒に予定していた組織織病理検査については、麻酔をしたついでに腫瘍の細胞は採取したとの説明と、前回同様、検査結果は、一週間程度で分かるとの説明を受けた。組織織病理検査の結果についても、分かり次第、電話で連絡を頂けるそうだ。それにしても、なかなか思うように事が進展しない。早く安心したいのに。私は、そんな事を思いながら病院を後にした。

 

 

 

f:id:pei0823:20151007000502j:plain