「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
ありのままの事実を、感じた事を全て残しておくことにしました。

七月二日(水)

どれくらい昔からだったろうか?気がつけばという感じだったので、正確に、いつからか分からないけど、ぺいは、毎日、お湯の入っていない空のバスタブの中で過ごす時間があった。別に寝る訳ではない。おそらく、狭くてヒンヤリしているから、それが心地良かったのだろう。ただ、それ以外にも思いあたる事がある。何かというと、私は、いつも使ったシャワーのヘッド部分を所定の場所に掛けないで、バスタブの底に置きっぱなしにしていたのだけど、ぺいは、そのシャワーのヘッド部分に舌をあてて、浸みだした水を飲んだり、シャワーヘッドから浸み出た水が排水溝に向かって流れてゆく様子に興味があるようで、その水を手で突っついて遊んだりもしていた。そしてさらに、最近、そんなバスタブの中で過ごす時間が、急に多くなってきた。ただ、もう舌は上手く動かせないので、染み出た水を飲む事は出来ない。もっぱらシャワーヘッドを手で突っついて、染み出た水を眺めたりしながら過ごしている。本当なら、きっと、昔みたいに舌を使って飲みたいに違いない。でも、飲みたくても飲めない。でも、せめて少しでも水と接していたいのだろう。猫は、人間みたいに手でコップを持って水を飲むことも出来ない。人間な以上に舌が動かないと酷く不自由になってしまう。かわいそうでならない。でも、何とかしたくても何もしてやる事が出来ない。

f:id:pei0823:20160111233806j:plain