「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
ありのままの事実を、感じた事を全て残しておくことにしました。

八月九日(土)

いつも通りに仕事を終え帰宅。部屋で暫く過ごした後、あらためて外出しようと玄関に向かった時、少し床面に違和感を感じた。何かと思い近寄ってみると、血や腐敗したものが床面に付着している。これは、少し前、ぺいが横たわっていた場所だ。下顎が完全になくなった影響なんだろう。最近、床面に口が直接あたるようになったからだろう。そこで、いつものように汚れを取り除こうとした。でも、その時、いつもと何か違う違和感があった。え!?何か白い動く物体が・・・。私は、その場に腰を下ろして良く見てみることにした。すると、なんと蛆虫。もちろん部屋の中で蛆虫を目にするなんて始めてだ。私は、腐敗物を目当てに、どこからともなく蛆虫が湧いてきたのだと思った。蛆虫が湧いてくるとは良く言ったものだ。蛆虫は、ティシュで摘んでトイレに流した。

 

その後、再び帰宅するなり、直ぐにベランダへ出る窓を開けっ放しにした。最近、いつも家にいる時は、腐敗臭の換気と、ぺいに余生を少しでも自由に過ごしてほしいと思って、開けっ放しにしている。それから暫く時間が経ち、ふと、ぺいの様子が気になって周囲を見渡してみると、ベランダの柵の外側に身体を乗りだしている。今にも下に落ちそうに見えた。こんな事なんて、過去、一度もなかった。私の住んでいる階は高い場所だから、ぺいにも恐怖心がある。それは、過去の行動を見ていて分かっている。それなのに、どうしたというのか?どうせ死ぬんだからと自暴自棄になっているのか?それとも思考能力が低下して興味の向くまま怖いもの知らずの行動なのか?さすがにどちらか分らない。でも、私には、何となく後者のように思えた。もしかすると、そう思いたかったのかもしれない。私は、ぺいの両脇を抱えて、「ぺいちゃん危ないでしょ!」と、言い聞かせながら部屋の中に戻した。

f:id:pei0823:20160111233102j:plain