「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
ありのままの事実を、感じた事を全て残しておくことにしました。

八月十日(日)

休日なので母が来た。最近、毎週、水曜と日曜には、欠かさずぺいの様子を見に来てくれている。母は、電車で何度となく通院させていたら情が移ってしまって、以降、様子が気になって仕方がないと話してくれた。正直、そう言ってもらえると凄く嬉しい。私は、ぺいの事について色々話した。例えば、先日、ふと、思った事で、それは、夏真っ盛りなのに、今年は、季節の変わり目にも夏になっても毛が全然抜けなかったという事だ。それと、爪だって退院した時に切ったきりで、あれからもう五か月も経ったのに全く伸びていない。毛も爪も抜けたり伸びたりしないのは、癌が栄養を優先的に根こそぎ奪い取っているせいだと思う。でも、唯一、手術の際に根元付近まで切られた左側のヒゲだけは完全に元に戻っている。私は、手術の際に剃られた腹部の毛が、いつ元に戻るのかも気になっていたけど、猫のシンポルであるヒゲの方が一番気になっていたから、これは、正直、嬉しかった。それと、きっと、ヒゲだけ元に戻るという事は、やはり、ヒゲは、猫にとって余程大切なものなんだろうと思った。でも、せっかく大切なヒゲは元に戻ったというのに、癌は容赦なく身体の方を蝕んでいる。癌さえ再発しなければ、本当にどれほど幸せだった事か・・・。そんな事を母に話した。

 

その後、母は帰り、日は暮れて夜になった。すると、また、ぺいが廊下に出たそうにしている。私は、直ぐに廊下に出してやる事にした。今回で、三回目になる。暫く、廊下に出たぺいの様子を見ていると、前回と同じように廊下を端から端まで歩いたり、時には立ち止まったりしながら過ごしている。そして、立ち止まった場所では、眼下の様子を興味深く、それでいて感慨深く眺めているように思えた。そして、廊下に出てから五分ほど経った頃、開けっぱなしにしていたドアの隙間から自らの意思で部屋の中に戻ってきた。過去二回、廊下に出した時には、私が強制的に部屋に戻していたから、今日は、外の世界を思う存分に堪能出来たのだろうと思った。そして、そんなぺいの心境を想像すると、自分自身の事のように凄く嬉しかった。