「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
ありのままの事実を、感じた事を全て残しておくことにしました。

八月十三日(水)

夜、またぺいを廊下に出してやろうと思って玄関のドアを開けた。いつもなら直ぐ外に出て行こうとする。でも、今日は、ドアが開いた事は、目で見て認識出来ているのに出て行こうとしない。あれほど興味があった世界なのに、もう満足したのだろうか?もしかしたら、好奇心が満たされたという事もあるのかもしれない。でも、そんな事よりも、とにかく体調が悪くて、あれほど念願だった外に出たいという気持ちにさえなれないに違いない。そういえば、ベランダの方にも、数日前から一歩も出なくなった。もう、早朝や夕暮れ時に外の風を感じたり、空を飛ぶ鳥を見る余裕さえ持てないのか?かなり容態が悪化しているに違いない。