「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との闘い~

とある日、愛猫の「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
今、癌と向き合っている、今まで癌と向き合ってきた...。
そんな周囲の方々に、お届け出来ると幸いです。

十一年と百十八日

今日は、ぺいが旅立って二日目。とてつもなく悲しい。悲しくて悲しくて仕方がない。ぺいが生まれたのは、二〇〇三年の二月十日。どれだけの日数を生きていたのだろうか?少し気になってインターネットで日数計算というキーワードで検索してみると、計算の出来るサイトがあったので入力してみた。すると、十一年と百九十四日と表示された。そして、我が家に来てからだと、十一年と百十八日であった事が分かった。十一年と百十八日。私が、今まで歩んできた人生の時間軸で考えてみても結構な割合であった事になる。ましてや、そもそも、人生は一度しかない。そんな一度しかない人生で、これほどまでの気持ちになるなんて早々ない。そう思うと、なおさら、ぺいと一緒に過ごしてきた十一年という歳月が、どれほど大切なものであったのかと再認識させられる。それにしても悲しい。どうして、こんなにも悲しいのか?それは、やっぱり、一緒に過ごしてきた時間が幸せだったからなんだろう。でも、それであれば、幸せってなんだろうか?それは、どれだけ多くの喜怒哀楽を共有してきたか?という事のように思える。そして、ゆっくりだけど時間が経過するにつれて少しずつ頭の中が整理出来てきた。ぺい、ありがとうな!一緒に過ごしてきた時間や記憶は、今まで生きてきた人生の中で一番大切にしたい思い出になったよ!そう思えてきたのだ。それにしても、日中は、頭の整理が出来ないまま仕事をしていた。身体はデスクで仕事をしていても頭の中は混乱して心は異空間を彷徨っているようだった。ただ、そうした中で、一つ心に決めた事があった。それは、あらためて神社にお参りするという事だ。それは、ほんの少しの間であったのだけど、神様に対して不満を抱いていたという事を、まず、正直に詫びて逆に感謝したい。そう心の底から思えたからだ。神様への感謝。不思議なものだ。考え方を変えてみたら全ての出来事が感謝すべき事のように思えてくるのだ。例えば、先生から宣告されていた余命の期間だってそうだ。余命の期間には、一か月から三か月という幅があった。でも、ぺいは、その最も長い期間を一日も余す事なく生きてくれて、その翌日に旅立っていった。そして、最期に立ち会う事も出来た。それと、最期は、休日一日目の土曜というタイミングだったし、翌日に粛々と火葬を終える事だって出来た。また、その火葬を終えた時、目にした時刻は、ぺいが旅立った前日と同じ時刻だった。パッと思いつく事だけ並べてみても都合の良い偶然が多すぎて、何か目には見えない力が働いているような気がしてならない。もしかして、神様か何か見えない力のようなものが働いているのではないだろうか?もし、本当に、そうだとすれば、神様には感謝すべき事だらけということになる。それと、ふと思ったのは、そもそも、ぺいと出会った事、ぺいが癌になって旅立っていった事には、最初から何か目的があったのではないだろうか?ということだ。もしかすると、ぺいには、この世に何かの使命があって生まれ、そして、その使命を終え神様のところに戻っただけではないだろうか?もし、そうだったとすれば、ぺいは、神様からの贈り物だったという事になる。不思議なもので、なぜか時間が経つにつれて、そのように思えてきた。

 

また、それと、もう一つ、昨夜から考えている事がある。それは、神様に、お願いしてきた事についてだ。私は、癌が良くなって、三~四年ほど寿命が延びてほしい、せめて平均寿命ぐらいまでは生かせてやってほしいとお願いしてきた。でも、普通に考えれば、今の医学では、どうしょうもない事を神様にお願いしてきたとも言える。ただ、それは、今の医学ではどうしょうもない事だからこそ神様にお願いしてきたとも言えるのだけど、いずれにせよ好き勝手な事を一方的にお願いしてきた事になる。それであるにも拘わらず、私は、それが叶わなかった、叶えられなかったという理由で、神様を責めたり神様に不満を抱いたのだ。それは、自分の思想を冷静に見つめ直してみると、あまりにも自分勝手であったのでは?と思えてくる。この事は、極端な例を挙げてみると分かり易い。例えば、永遠の寿命を幾ら願ったところで、そんな事、絶対に叶いようがないはずだ。そう考えてみると、いくら神様だって、出来る事と出来ない事があるはずではと思えてくる。そこで、あらためて、神様が出来そうな事と、出来そうにない事という見方で考え直してみた。すると、神様は、私の願い事を、可能な限り受け止めてくれて、最大限の力で叶えてくれたように思えてくる。神様は、それほどまでに願うのなら、せめて余命宣告された最も長い期間までならばと、出来る限りを尽くしてくれたのではないだろうか?そして、ぺいだって、私の気持ちを察してくれて、癌で身体がボロボロになっても、最後まで、一日一日を、一生懸命頑張って生きてくれたのだと思える。ぺいは、一日一日という時間が、どれほど辛く長かった事か?本当に感謝してもしきれない。きっと、神様とぺいは、一緒に私の願いに懸命に応えてくれたに違いない。目には見えない。だけど、確かに感じる不思議な力。それと、今までは、飼い主である私が、てっきり、ぺいを見守っているとばかり思っていた。だけど、実は、ずっと、私の方が、神様とぺいから見守られていたのかもしれない。それで、もし、そうだとしたら神様とぺいには感謝してもしきれない。神様とぺいには、お礼をしなければならない。そもそも、私だからこそ出来る事があって、何か期待されているような気もする。そういえば、火葬を終えた後、「本当に本が書けるぐらい色々な事があったね・・・」と母から言葉があった。今、ぺいが旅立った後に感じているぺいとの出会いの意味。もしかすると、ぺいと十数年前に出会った事は、実は、偶然ではなかったのかもしれない。そして、平均寿命と比べれば、少しばかり短かったかもしれない。だけど、一緒に過ごしてきた十一年という年月は、私の人生にとってかけがえのない凄く大切な宝物に思える。もしかして、神様とぺいは、二人三脚で、こんなに素晴らしい宝物を私の人生に授けてくれたのではないだろうか?

 

 当然、猫は人間とは姿容が違う。言葉だって話せない。だけど、それは、逆に考えれば、姿容が違う事と言葉が話せないだけの違いという事になる。そう考えてみると、人間だって猫だって、魂という本質的な部分では、微塵も差なんて存在していない。人間も猫も全く対等の命という事になる。もちろん、これは人間と猫に限った事ではない。だから、私は、人間と全く同じ尊い命を、そして、魂を大切にするという気持ちを、最も望ましい方法で人間社会に伝えてゆく必要があるのだと思えてくる。そう、まさに、この事こそが、私が、人間として生を受けた一つ理由ではないだろうか?また、ぺいと出会った理由、そして、神様とぺいから期待されている事ではないだろうか?では、どうすれば、少しでも最も未来永劫、人間社会に伝える事が出来るのだろうか?その事について考えてみると、それは、やはり、この世に永遠の命はないから、文字にして残す事が一番であるように思える。本にしておけば我々人類が存在し続ける限り、唯一無二の宝物である記憶を永遠に残すことが出来る。ぺいと命名された猫が、この世に生を受け、その後、人間から愛され旅立っていったという記憶を残すことが出来る。