「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
ありのままの事実を、感じた事を全て残しておくことにしました。

月命日

 あの日から一か月が経った。大切な月命日は、秋分の日で祝日という巡り合せ。これも偶然なのだろうか?とにかく、仕事が休みなので、一日中、ぺいの事だけを考えて過ごせるという事が心の底から凄く嬉しかった。まずは、朝起きて、花屋さんが開店する時間を待った。そして、十時を回ったので、早速、出掛ける事にした。今日は、特別な日。そうだ!ぺいに美味しいものを食べさせてやりたい。出掛ける時、そう思った。ぺいは、どんな食べ物を買って帰ると一番喜んでくれるかな?自転車を走らせながら考えた。やっぱり、刺身だよな・・・。そう思うと、刺身を喜んで目の色を変えながら食べてくれる姿が頭に浮かんだ。そこで、先に鮮魚店に立ち寄る事にした。目的の刺身を手にして、会計でレジに並んだ時、ぺいが喜んでくれるかと思うと凄く嬉しかった。そうして、鮮魚店を後にして、次に、元々の目的であった花屋に自転車を走らせた。花屋では、大好きだったぺいの特別な日なので、その事をイメージしながら生花を選んだ。そして、自宅に戻って買った花を花瓶に挿していると母が来た。今日は、昼頃に来るという連絡をもらっていたから予定通りの到着だ。母は、何か持ってきてくれたようだ。それは、いつもの軽く湯通しした肉、それと、おはぎだった。おはぎは、お供え物で、今日、ぺいの事を偲んだ後に、私と一緒に食べようと思って買ってきてくれたようだ。私は、早速、ぺいの旅立った時間が近づいてきたので、偲ぶためのセッティングを始める事にした。まず、ぺいが旅立った場所に骨壺を置いた。そして、その横にぺいの写っている写真立て、それらの後ろに生花を挿した花瓶、骨壺の前には、仏具と母が持ってきてくれた肉とおはぎ、それと、私が、以前買っていたカニカマと、今日買ってきた刺身を置いた。これで、全て準備完了だ! 

 ぺいが危篤になった時間は、十三時。そして、旅立った時間は、十三時半だった。だから、十三時になった事を確認してロウソクと線香に火を点けて、母と一緒に目を閉じて骨壺に向かって手を合わせた。これからの三十分という時間は、ちょうど今から一か月前、ぺいが、もがき苦しんでいた時間だ。あの時の記憶が頭に鮮明に蘇ってくる。私は、その後三十分、殆ど無口で、ロウソクや線香が次第に短くなるのを時折見つめながら過ごした。もちろん、母も口数が少なかった。そうして、一本目のロウソクが燃え尽きた。時計を見て見ると、まだ、ぺいが旅立った時刻になっていない。私は、二本目のロウソクに火を点けた。そして、二本目のロウソクも燃え尽きた。再び、時計を見てみる。すると、十三時半を秒針が少し過ぎたところだった。それは、あの紛れもなくぺいが旅立った時刻。あまりにもピッタリすぎる!これも偶然なのか?またしても、神様の何か見えない力が働いているような気がした。私は、直ぐに新しいロウソクを用意した。そして、また急いで火を点けた。これは、三本目のロウソクだ。でも、もう既にぺいが旅立った時間を過ぎている。そもそも、ロウソクは、ぺいが旅立った時刻まで点けておく予定だった。だから、本当なら三本目のロウソクに火を点ける必要なんてない。だけど、なぜかロウソクの火が、ぺいが旅立った時刻とピッタリに消えたという事が、どうしても気になった。それは、ぺいの命の燈火と、ロウソクの燈火がダブっているように感じたからだ。そして、その事を、どうしても素直に受け入れる事が出来なかった。せめて、ロウソクの燈火ぐらいは、現実と違っていてほしい。私は、衝動的に三本目のロウソクに火を点けていた。ロウソクに火を点けたってぺいは生き返らない。勝手にぺいの死とロウソクの炎をオーバーラップさせた悪あがき。火を点ける瞬間そんな事も思った。でも、思わず火を点けた。それだけ、ぺいに死んでほしくなかったのだろう。でも、もし、このまま、現実を直視せず、ぺいの死というものを受け入れないでいたら、ぺいは、死んだというのに、これから先も、死んだという事を認められずに過ごす事になってしまうのではないだろうか?もし、そうしたら、きっと、死んだのに死にきれずに浮かばれないのではないだろうか?私は、ぺいの事が大好きだ。だから、とにかく、ぺいが一番幸せに過ごせるようにしたい。それが、どんな事よりも第一優先だ。そして、それこそが、私にとっての一番の幸せでもある。そう思うと、衝動的に火を点けた理由を何か別の理由にしなければと思った。そうだ!これは(三本目のロウソクは)、ぺいの天国という新たな場所でのスタートを意味する燈火にしよう!新しく明るく燃える炎を見ながら、天国では、また幸せに元気で暮らせよ!私は、そう思いながら、あらためて手を合わせた。そうして、その後、三本目のロウソクも消えていった。これで、月命日という特別な日は、ぺいの事を偲んで、そして、天国での幸せも願う事が出来た。きっと、ぺいも喜んでくれただろう。尻尾を左右に振ってくれている姿が頭の中に思い浮かんだ。良かった。本当に良かった。嬉しいよ!ぺい・・・。

f:id:pei0823:20160626123238j:plain