「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
ありのままの事実を、感じた事を全て残しておくことにしました。

いつまでも一緒

ぺいが旅立ってから、まもなく一年が経とうとしている。それでも、相変わらず、夜になると、ぺいの事が忘れられずに、毎日、生前に撮ったぺいの動画を見ている。そして、動画を見ていると、週に二日か三日は、思いっきり大粒の涙が溢れてくる。そういえば、涙が出るのは、ストレスによって作られた体内の有害物質を外に排出する為の仕組みだそうだ。でも、こんなにも泣いていると、もしかしたら、私自身も悲しみのあまり、癌になってしまうかもしれない。そんな事を何度も思ってきた。ただ、愛するぺいを失った事が悲しくて、もし、私も命を落とす事になってしまうとしたら、それはそれで仕方のないこと。何も後悔なんてしない。本気でそう思ってきた。「ぺい、お前は、世界一、どの猫よりも死んだ事を人間から悲しまれていると思うよ」あの世にいるぺいを思い浮かべて、そう、何度も伝えてきた。

 

 そういえば、今日は泣きながら、ある光景を頭に想像していた。それは、あの世でのぺいの様子だ。ちなみに、あの世からは、神様はもちろん他の猫たちも、この世の様子は良く見えるみたいだ。そして、今、あの世では、猫の神様が他の猫たちよりも少し高い場所にいて、この世での猫の行いを評価している。もちろん、あの世の他の先輩猫たちも傍聴したくて猫の神様を取り囲むように沢山集まっている。そして、そんな先輩猫たちも、あの世に随分久しぶりに戻ってきたばかりのぺいに向けて発せられようとしている神様の言葉に聞き耳を立てている。ぺいは、神様より、少しだけ離れたところに、ちょこんと座っていて、今まさに、神様から発せられようとしている言葉を聞こうと、礼儀正しく、神様の方を向いているところだ。私が、お邪魔したのは、ちょうど、猫の神様がぺいに言葉を発しようとする少し前だった。暫くすると神様が喋りはじめた。「お前は、あんなに人間に悲しんでもらえてるのか」「それほどまでに人間から愛されていたのか」「本当に凄く大切に思われてたんだな」「お前は、本当に凄いな!」神様はとても驚いた様子で何度も同じような事を口にしている。もちろん、先輩猫たちも、そんなに人間に思われていたなんて・・・、と、神様と同じように驚きつつも、そんなに人間に悲しまれるなんて・・・と、心底羨ましがっている。ぺいは、神様曰く、凄く頑張り屋だったようだ。だから、この世で、癌になって凄く苦しくても、耐えに耐えて、余命宣告された日まで必死に頑張った。普通の猫だったら、普通の精神力だったら、とても余命宣告された日までなんて絶対に耐えられなかった。そして、他の誰も真似の出来ないほど、色々なことを長い間、頑張ってきたからこそ、一緒に生活を共にしてきた人間から、未だかつてないレベルで、この上なく悲しまれているのだという事が明らかになった。猫と人間との長い歴史をどれだけ振り返ってみても、これほど人間に悲しまれる例というのは、神様も全く記憶にないそうだ。そして、暫くすると神様がまた口を開いた。「お前は、使命を本当に立派に果たしたな」そう言って、ぺいの事を褒めている。使命?そう、猫が、人間に飼われるようになったのは、実は、偶然なんかではない。人間という生き物は、この世に神様によって創造されて間もない頃から、自分たち人間のことだけでなく、他の全ての生き物に対しても、色々と配慮出来る資質があると、神様から期待されているようだ。それで、それ以降は、そんな神様が抱いた理想郷に一歩一歩ずつでも近づける為に、人間の神様と猫の神様とが、天界で手を取り合って、猫の神様は、猫という生き物を創造して、猫を人間界に送り込んでいるようなのだ。そして、ぺいの魂は、あの世で、十数年前、そんな神様に選ばれた。そして、この世に生を受けた。それから数ヵ月後、ぺいは、ペットショップにいた。ぺいはゲージの外から眺める私を見るなり、この人なら、神様から授かった使命を果たせるパートナーだと思って、ゲージの中から猛烈に自分の存在をアピールしたみたいだ。そして、その後は、私と一緒に十数年、同じ時間や出来事を沢山共有したのだ。そんなぺいは、今、あの世で神様から凄く賞賛されている。これで、ぺいは、あの世でも今まで以上に心地良く、新生活をスタート出来そうだ・・・。幸せそうなぺいの姿と様子。私も本当に嬉しい。いや、ぺい自身よりも、私の方が嬉しい。なぜなら、ぺいの事なら何でも負けない自信がある。「良かったな、ぺい!」とにかく、これで少しは安心だ。本当に良かった。

 

 それにしても、ぺいの事は、もちろん一緒に暮らしていた時にも良く考えていたけど、むしろ、この世からいなくなってからの方が考えている。四六時中とまではいかないけど、そんな感じだ。姿が目に見えるか、見えないかの違いはあるけど、ぺいの事を頭で思っている時間こそが本当の存在のような気がして、もしそう仮定するなら、あの世に行ってからの方が、ぺいの存在は確実に大きくなっている。最近、そんな事を思うようになった。そして、もし、頭の中で考えている時間を基準に考えるなら、ぺいは、いつまでも、私が、この世に生きている限り、私の心の中で生き続けているということになる。それは、この世、あの世という場所の違いはあっても、意識の中では、ある意味、何も変わっていないという事になる。気持ちの部分だって、あの世と一方通行ではなくて双方向に繋がっているという確証はないけど、どこかで何となく繋がっているような気がしてならない。それは、くじけそうになっても、こうやって多くの時間を割いて、ぺいとの思い出を記録に残そうとしている意思にも何か感じるものがある。そして、色々考えていたら、ぺいがいなくなって、結局、変化したものは、この世に身体というものが、存在しているかどうかだけの違いのように思えてきた。でも、身体そのものの作りは、どの猫も同じで、個性なんて存在しないから、そこには、特別な感情は生まれない。それであれば、この世に身体が存在しているかなんて大きな問題でないように思えてくる。でも、意識という心の領域は全く違う。意識という心に全く同じものなんて絶対に存在しない。そして、だからこそ、それこそが個性であり、だからこそ、それを失ったら代替するものが存在しないから悲しいという感情が生まれる。それであれば、心の中で思ってさえいれば、今も変らず存在していると言えるのではないだろうか?私は、生きている限り、いつまでもぺいの事を心に思っていたい。だからこそ、こうやって思い出や感じた事を記録に残している。

 

 それともう一つ、意識という心の事を魂と表現したなら、死んだあと、魂の入れ物である身体がなくなっても、魂は、どこかに存在するのだろうか?それと、身体以外の場所に、魂が集まっているような場所が本当にあるのだろうか?そんな事は分からない。でも、分からないということは、もしかしたら、可能性はあるということだ。そして、もし存在するのなら、そこでは、今まで以上にぺいには幸せに満ち足りた状態で過ごしていてほしいと思う。そして、あの世からの一方通行でも全然構わないから、私が、今も、こんなに悲しんでいるという事と、今でもぺいの幸せを心から願ってるよいう事が、ほんの少しでも良いから伝わっていてくれると嬉しい。