「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
ありのままの事実を、感じた事を全て残しておくことにしました。

雨降り地区

心の中でぺいのことを思ってさえいれば、今も変らず生きている。このところ、自分にそう言い聞かせながら過ごしている。でも、一緒に暮らしていた時には、ペットフードを与えれば、もっと美味しいものをよこせと催促してきたり、外出しようとすると、それを阻止しようとスボンの裾を噛もうとしてきたり、はたまた、やさしく撫でていて気持ち良さそうにしているかと思っていたら、急に豹変して手を噛んでくるということもあった。そこには、もちろん我侭だって含まれていたのだと思う。でも、そんなぺいが好きだった。生きていれば、色々な感情が生まれる。でも、そんな感情の一つ一つを受け止めながら一緒に暮らせた事が嬉しかった。でも、今となっては、何一つ自己主張などしてこない。また、昔みたいに、沢山のわがままで困らせてほしい。そもそも、魂とは何なのか?ああしたい、こうしたい、そんな感情があってこそ本当の魂といえるのではないのか?

 

 そういえば、ぺいが旅立って暫くして、虹の橋という話と、もう一つ同じ頃に知った話があった。それは、ペットが旅立った後も、ずっと、悲しみを引きずっていると、愛するペットは、虹の橋の入口にある雨降り地区と呼ばれる場所から出て行くことが出来なくて、寒さに耐えながら悲しみに打ちひしがれてしまうという話だ。確かに、ずっと悲しみを引きずっていれば、自分自身の身体にも決してプラスにはならないのだと思う。それと、旅立ったペットにしても飼い主が自分のせいで体調を崩したら悲しいはずだ。そもそもだけど、永遠の命なんてありえないし、悲しいと思う気持ちの大元は、何より一緒に過ごしてきた時間が楽しかったからこそだ。だから、自分自身の為にも、愛するペットの為にも、少しでも早く立ち直るべきなんだろうと思う。だから、こういった考え方には凄く共感出来るし、頭では良く理解も出来る。でも、やっぱり、悲しいものは悲しいのだ。心に思う気持ちは、そう簡単には薄められない。 

 

それにしても、まもなく一年が経つ。それなのに、夜、ぺいの動画を見ていると、また、大粒の涙が出てきた。「ごめんな、ぺい」「本当に本当にごめんな」「なかなか虹の橋に行けないかもしれないけど、ごめんな」「ぺいの事が、本当に本当に大好きだったんだよ」「だから許してくれよ」パソコンの前で顔を伏せながら思いっきり泣いた。雨降り地区といっても、ぺいのいる場所は、いつも大雨ばかりだ。そして、だから今日も雨降り地区から出て行けなかった。「ごめんな、ぺい」「本当に悲しくて悲しくて仕方ないんだよ」「本当に、ごめんな・・・」泣きながら、虹の橋にいるぺいの様子を頭に思い浮かべた。ぺいは、「全然、無理しなくて良いよ」「ゆっくり時間を掛けて」と、雨を嫌がらないで、逆に雨を快く受け入れてくれている。私の勝手な想像かもしれないけど、そんな気がした。「ありがとう、ぺい」「本当に本当にありがとう」「ぺい、ありがとうな・・・」