「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との闘い~

とある日、愛猫の「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
今、癌と向き合っている、今まで癌と向き合ってきた...。
そんな周囲の方々に、お届け出来ると幸いです。

祈りの場便り

仏具を取り揃えたインターネット上の某ショップには、「祈りの場便り」というコーナーが設けられていて仏具を購入する際に拝見した。そのコーナーは、ショップで仏具などを購入した人が、旅立ったペットへの思いを投稿していて、ペットの元気な頃の写真や供養している写真も添えられているコーナーだ。私は、それらを見て思った。自分だけじゃないんだ。みんな悲しかったんだ。みんなペットのことが大好きだったんだ。そう思うと、それで、ほんの少しだけど元気を貰えたような気がした。そうだ!いつか自分もここに投稿しよう。もし、ここに、掲載すれば、ぺいが最後の最後まで頑張った事を、他の人にも知ってもらう事が出来る。そうすれば、きっと、ぺいだって喜んでくれる。もう、旅立ったぺいには餌もあげれないから、ぺいに喜んでもらえることは限られている。だけど、ぺいが喜んでくれそうな事、そんなことを見つけられた事が凄く嬉しかった。それで、投稿のタイミングを考えようと思った。

 

 それから、月日は流れ、数か月経ったある日、そうだ!一周忌の様子を写真に撮って投稿しようと思った。そして、そう決めた時には、ぺいとの闘病の記憶を本にしたいと思って執筆を進めていたので、そのことについても、折角なので触れようと思った。

 

 それから、再び月日は流れ、無事、一周忌を終えたのだけど、あの日、投稿を決めてから、どんな事を投稿しようか少し考えながら、日々、過ごしてきた。例えば、ぺいに癌が見つかって以降、一周忌までの間に感じてきたことや、ぺいとの闘病の記憶を本として残す事が出来た際には、「ぺい、ありがとう!」という言葉を添えて神棚に供えたいと思っていたので、そのようなことを文章にしてみた。ちなみに、一周忌を終えた時には、まだブログを立ち上げてなかったし、ぺいという猫がいた事を広く世間に初めて紹介するものになるから、文章の作成には少し時間が必要で、結局、一周忌から考え始めて五日目に完成した。それと、文章に添える写真は、掲載スペースの関係で二枚程のようなので、どの写真にするか考えた。元々、一枚は、一周忌の時の写真にするのは決めていたけど、残るもう一枚は、生前の元気だった頃の写真にするか、闘病中の写真にすべきか、少し悩んだけど、結局、元気な頃の写真にした。やっぱり、元気だった頃の方が圧倒的に長かったし、悲しい時の写真ばかりというのは、なんだか違うと思ったからだ。そうして、完成した文章と二枚の写真をショップの掲載受付先のメールアドレス宛に送った。

 

 翌日、仕事を終え、自宅のPCでメールの受信トレイを確認してみると、早速、ショップから返事が届いていたのだけど、返事を読み始めて直ぐに感じたことがあった。それは、凄く嬉しかったからだ。私は、てっきり、事務的に受付けましたという返事が返ってくるのだとばかり思っていたのだけど、実際には、短い文章ではあったのだけど、私の心情を本当に良く察してくれているように感じたからだ。もちろん、送信した文章と、写真の掲載予定日も記載されている。そこには、明日の日中と書かれてあった。

 

 翌日、もちろん、朝から、凄くワクワクしながら過ごしていた。これで、また、一つ、ぺいに喜んでもらうことが出来る。そう思うだけで嬉しかった。そして、昼の休憩時間、スマートフォンから掲載されているか確認してみると、メールで送っていた文章や写真が本当に掲載されていて感無量。そんな感覚になった。感無量なんて本当に大げさだと思うかもしれない。でも、本当に嬉しかった。私は、心の中で直ぐにぺいに報告した。「ぺい、これで、みんなに知ってもらえるからな!」「これで、お前が一生懸命頑張ったことを知ってもらえるからな・・・」これで、ぺいの苦しみが少しは報われる。きっと、ぺいは喜んでくれている。私は、そんな事を思いながら、暫し至福に満ち足りた時間を過ごした。

 

 そして、夜、帰宅して、今度は、自宅で、あらためてパソコンから掲載を確認してみることにした。やっぱりパソコンで見た方が見やすい。あらためて嬉しさが込み上げてきた。早速、掲載されている部分を印刷した。なぜなら、明日、母に見せようと思ったからだ。正直、母に文章を見せるのは、かなり小っ恥ずかしい。でも、母は、ぺいから見れば間違いなく恩人のような存在のはずだ。だから、公の場に掲載したことを母に知らせておくことは、ぺいの意思であり願いのように思えたので、私は、その事の方を優先した。