「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
ありのままの事実を、感じた事を全て残しておくことにしました。

変らないもの

間もなく、ぺいが旅立った日から二年半になろうとしている。そして、もし、今も生きてくれていたなら、今日は、十四歳の誕生日という事になる。きっと、どんなスペシャルメニューでお祝いしようか、一週間ほど前から色々と考えていたはずだ。そして、そんな食事を目を丸くしながらガツガツと喜んで食べてくれる様子が自分の事以上に嬉しくて、「長生きしろよ!」なんてことを思っていたに違いない。ちなみに、今、この文章を書いているのは、偶然にも、ぺいの月命日である二〇一七年一月二十三日だ。このところ、なかなか筆が進まなくて、いつもの神社で、「良い文章が書けるように頑張るので、どうか力をお貸し下さい」と、神様に手を合わせてきたばかりだ。そうしたら、不思議なもので急に筆が勢い良く進み始めて良かったたのだけど、同時に涙が凄く溢れてきたのだ。そう、もうあれから随分年月が経った。それなのに、時折、未だに悲しみが胸の奥から込み上げてくる。

昨日は、月命日という日を迎えるにあたって、まず、仏壇や仏具などを全部綺麗に拭いた。月命日という日に綺麗に拭くというのは、ぺいは、いつも綺麗好きだったからということもある。それと、鳥肉を茹でたものをほぐして仏壇に供えた。なぜ、肉をほぐすのかというと、口の癌のせいで食べ物を食べにくかったからだ。そう、今も、ぺいは、私の心の中で変わらず生きている。もちろん、昔と比べれば姿は変わったし「ニャー」という声だって聞こえてはこない。けれど、私の心の中では確実に生きている。だから、仏壇を綺麗に拭けば喜んでくれるように思うし、生前、目の色を変えて食べてくれていたものを供えれば、凄く喜んで食べてくれるように思うのだ。

 

そういえば、最近、生と死について思ったことがある。それは、生きていても心の中に全く存在していなければ、死んでいるのと同じことだと思うし、逆に、死んでいても心の中に生きていれば、それは、生きているのと同じ事ではないかという事だ。だから、肉体的な存在がなくなったからといってイコール死とはならないような気がするのだ。そうした理由からも仏壇の生花は、一周忌までは、とにかく一日たりとも絶やさないようにしてきた。それは、短い命を謳歌している元気な花に常に取り替え続けることで、ぺいの魂に生のエネルギーのようなものを不思議と送れるような気がしたからだ。ぺいのことを心の中に少しでも変わらず思っていたい。そんな気持ちで一杯で、いつも持ち歩いているスマートフォンには、毎月、月命日の十三時半にはアラームが鳴るようにセットしてある。もちろん、仕事中でなければ黙祷しながら手を合わせて、仕事中であれば心の中で手を合わせるようにしている。それは、月命日の旅立った時刻には、ぺいの事を必ず頭の中に思っていたいからに他ならない。でも、そんな時、いつも思い出してしまうのは、やっぱり、あの絶命した最期の瞬間だ。

 

ここで花の事以外にも、今でも毎日続けている事について書いておきたい。まず、一つ目は、お供えの水の交換だ。水は、生前の時と全く同じように朝晩の二回、必ず新鮮なものに取り換えるようにしている。もちろん、水を注ぐ容器は毎回綺麗に洗う。それと、長い間、水が飲めずに辛かったと思うので、天国では新鮮で美味しい水を好きなだけ飲んでほしくて、いつも水は溢れんばかりに注いで、「ぺいちゃん、水、いっばい飲めな~」という言葉を添えて仏壇に供えるようにしている。このように取り替えている水は、旅行で家を空けた数日間だけは取り替えが出来なかったけど、それ以外の日は、一日たりとも欠かさず続けてきた。でも、新鮮な水を供えれば喜んでくれているように思えて、一度たりとも面倒に思ったことなどないし、むしろ新鮮な水を供えることは喜びにすらなっている。そして、夜には、水の交換と同時に、ろうそくと線香にも火を着けて手を合わせている。それと、もう一つ続けていること。それは、仕事で外出する時には、ぺいの頭を擦ってやるイメージで骨壺の覆いを擦って、「ぺいちゃん、仕事頑張ってくるからな~」と伝えて、逆に、仕事から戻った時には、「ぺいちゃん、帰ったよ~」と、声を掛けている。そして、もし、一日を順調に気分良く終えられたら、「ぺいちゃん、ありがとうな!」「ぺいちゃんのおかげだよ!」といった事を伝えて、逆に、辛いことがあった時には、「ぺいちゃん、どうしたら良い?」「ぺいちゃん、助けてくれよ~」といった言葉を、ついつい投げかけている。もちろん、ぺいは何かアドバイスをくれたりする訳ではないけど、でも、それは、生前と何も変わらないこと。もちろん、姿は変わっているし、「ニャー」という鳴き声だって聞こえてこないけど、心の中に生きているぺいは、何一つ変わっていない。逆に存在が大きくなっていると感じることさえある。だから、もし、日常の生活で良い事があれば、ぺいが見守ってくれていたからだと思えるし、逆に、悪いことがあれば、励ましてくれたり慰めてくれる。結局、生きているかどうかは、姿形が存在しているかという問題ではなくて、心が何を感じるかの方が大切に思える。なぜなら、心や感情こそが、生きている証に他ならないからだ。ぺいは、もう骨になってしまった。すっかり、生前の姿とは変わった。でも、今も変わらず励ましてくれたり慰めてくれている。それが事実なのだ。本当にありがたい。ぺいという存在に本当に出会えて良かった。一緒に暮らせて本当に良かった。日々、そんな思いを抱きながら手を合わせている。