「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
ありのままの事実を、感じた事を全て残しておくことにしました。

寿命が不平等である理由

 しかし、なぜ、よりによって、ぺいの寿命が平均寿命よりも短くなければならなかったのか?その理由は何なのか?そんなことを考え続けていた。ただ、世の中にはもっと寿命の短い猫だって存在している。それであれば、もちろん平均寿命と比べてしまうと悲しむべきことかもしれないけど、逆に短命の猫と比べると、その途端、喜ぶべきことになってしまう。そもそも、寿命の長短で喜んだり悲しんだりすること、そのこと自体、本当に正しいことなのだろうか?もし、正しくもないにも関わらず、そのようなことで悲しみが増幅しているのであれば回避したいものである。もちろん、二度と感情そのものに接する機会が失われたという現実に対する悲しみは仕方ないのだと思う。でも、もし悲しみの要素の中に平均寿命と比較することによって生まれた損得勘定のようなものが少しでも含まれていたら、例え結果的であったとしても周囲の不幸が自分にとっての幸福になってしまう。そして、これは、平均寿命というものを意識して、それと比較した時点で生じてしまう紛れもない事実ということでもある。そして、このような物事の捉え方は、自分自身を余計に苦しめてしまうことにも繋がってしまう。だから、どのように寿命というものを捉えるのかについては、より真剣に考えておくべきものだと思うのである。そして、きちんと正しい捉え方というものを自分自身のものに出来れば、もっと寿命というものの存在を素直に受け入れられるようになるのではないだろうか?では、一体、寿命の長短を、どのように捉えれば余計に悲しまないで済むのか?でも、その答えに簡単に辿り着けるのなら最初から苦労なんてしない。答えが、分からない、辿り着けないから苦しいのだ。

 そこで、せめて答えの糸口に少しでも早く近づくために、もし、寿命が最初から公平に決まっていた場合には、どうかという事について考えてみた。そもそも世の中は不公平だ。だから、せめて寿命ぐらい公平でも良いのではと思ったりもする。それと、そもそも、最初から寿命を分かっていた方が毎日を大切に過ごせるような気もする。ただ、その一方で、逆に、最初から寿命なんて分からない方が、毎日を大切に過ごせるような気がしなくもない。一体、どちらが良いのだろうか?やはり、この答えを得るためには、漠然と考えるのではなく判断するための基準というものが必要なのだと思う。そして、その基準というものを考えて直ぐに思いついた基準は、どちらの方が、より多くのことを経験したり成し遂げたりすることが出来るのか?というものだ。ただ、そもそも、その判断の基準自体が本当に正しいのか?それが、正しい答えを得るための出発点であるからして、事前に十二分に熟慮しておかなければならない。

 そういえば、ぺいとの闘病生活で過去の心境を思い返してみると、ぺいが癌になってから旅立つまでの時間、ぺいと同じ空間で、同じ空気を吸って、同じ時間を過ごせるということが、本当に心の底から嬉しかった。それは、本来、悲しいことしか存在しないはずなのに、なぜか、とめどもなく幸福に思えるもので、まさに、幸福だけで満ち足りた天国のような世界で過ごしているような感覚だった。もちろん、これほどの幸福感は、過去の人生で一番と言っても過言ではなかった。そして、これ以上の幸福感を味わうことは、これから先の人生、生涯ないだろうとさえ思えた。でも、そんな幸福感は、物事の捉え方一つで生まれてくるように思えたし、寿命を全うする日常においても、物事に対する捉え方を意識しながら過ごすことが、幸せを無限大に出来る唯一無二の方法に思えた。そして、もし、本当に神様が存在するなら、あえて寿命というものを、不公平で、いつ終わるのか分からないものにしてくれていることで、逆に、我々が少しでも多くの幸せを感じられるように配慮してくれているのかもしれないとも思えた。

 それにしても、なぜ、不幸の渦中にあって、これほどまでに幸福感を味わえたのだろうか?その理由を考えてみると、それは、余命を具体的に宣告されたことによって、一日一日という時間の中で感じられることの全てが、自分自身の人生にとって無意識であっても本当に凄くかけがえのない大切なものに思えたからだと思っている。では、やはり、寿命は公平であれば最初から分かっていた方が良いのだろうか?

 私は、ぺいの余命宣告を聞いてから以降、確実に癌に蝕まれてゆく様子を目の当たりにしながらも、奇跡が起きてほしい、世の中に絶対はないのだから、もしかしたら、何らかの奇跡で癌の進行が止まることもあり得る。そんな可能性を本当に最後の最後まで信じ続けた。でも、もし、最初から寿命が公平に決まっていたとしたなら、そこに可能性という希望なんて全く生まれようがない。だから、もし選択肢があるとしたら、生まれた時から寿命が公平に決まっていて、寿命に対して全く希望を抱けない世界に生きるのと、寿命を知る由もなく、寿命がいつ終わるのか不安を抱きながらも自由に希望を抱けることの出来る世界に生きるのと、どちらが良いか?という選択になってくるのではないだろうか?あなたの場合、どちらが良いだろうか?それは、正直、悩ましい選択かもしれない。でも、後者の方が良いのではないだろうか?ちなみに、私は悩んだ末、後者という結論に行きついた。その一番の理由とは、知らぬが仏という言葉もあるように、例え寿命が分からなくて、さらに、不平等であっても、寿命という時間を過ごしてゆく上で、結果的であれ、その方が、心が安定した状態で日々過ごせるように思えたからだ。そして、この心の安定、そして、追求こそ、人間の究極の目標ではないだろうか?また、この心の安定は、寿命が最初から公平に決まっていた方が良いか否かを判断する最も相応しい基準ではないだろうか?だから、寿命の長短というもので余計に悲しむことなく過ごすためには、とどのつまり、いつ寿命が終わるのか分からないということ、分からないということは結果的に公平にはならないということ、でも、そうしたことを受け入れているからこそ、希望というものを抱きながら生きられるということ、また、希望を抱けるからこそ、日々、心に安定がもたらされているということ、そして、このような状態こそが一番望ましくて、最も望んだ形で寿命を全うしているということ、このような認識を持っておくべきこそが、寿命の長短で余計に悲しまないようにするためにも、より有意義に寿命を全うしてゆくためにも非常に大切に思えたのである。そして、これらのことを逆説的に言うと、寿命を有意義に全うしてゆくためには、何があっても、最後の最後まで、命が尽きる本当に直前まで、希望を抱き続けるということ、そのことを一番大切にすべきということ、だから、寿命というものを決して粗末にしてはいけないということ、そういったことをぺいの最期を看取って思ったのです。我々の身体を構成する細胞の一つ一つや、臓器は、少しでも長く生きていられるように、最後の最後まで、希望を抱いて希望を捨てないで一生懸命頑張ってくれているのですから。

※次回は、、、

「■エピローグ ー(仮題)この世に生まれてきた意味」です。時間が出来た時に書いています。気長にお待ち頂けると幸いです。