「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
事実を、感じた事を、ありのままに全て残すことにしました。

■エピローグ

正直、書くのが辛かった。 もう、これ以上書くのは、精神的に無理・・・。そして、過去を、記憶を、振り返ることが、あまりにも辛くて筆の進まない時期が数えきれないほどあった。特に後半の第四章以降は、何度も涙を流しながら、ある時は、涙をこらえながら…

変らないもの

間もなく、ぺいが旅立った日から二年半が経とうとしている。そして、もし、今も生きていてくれていたなら、今日は、十四歳の誕生日。きっと、どんなスペシャルメニューでお祝いしようか、一週間ほど前から色々と頭に思い描いていたはずだ。そして、そんな食…

祈りの場便り

仏具を取り揃えたインターネット上の某ショップには、「祈りの場便り」というコーナーが設けられていて仏具を購入する際に拝見したことがあった。そのコーナーでは、そのショップで仏具などを購入した人が、旅立ったペットへの思いを投稿していて、ペットの…

アルバム

アルバムの購入をどうするか、丸一日、考えてみた。だけど、特に心境に変化は起きなかった。そんな訳で、帰宅後、直ぐに注文することにした。それは、一周忌にすべき事として、少しでも早くアルバムを完成させたかったからだ。そして、その後、一周忌から四…

一周忌

あの日から一年。これまでの一年という時間は、ぺいと別れることになった最後の一年を、再び辿るかのようで辛い日々だった。そうして迎えた命日という特別な日。絶対に、とびっきり立派で、世界一、人間から愛されていた猫に相応しい命日にしてやるからな!…

雨降り地区

心の中でぺいのことを思ってさえいれば、今も変らず生きている。最近は、そう自分に言い聞かせながら過ごしている。でも、本当に一緒に暮らしていた時には、ペットフードを与えれば、もっと美味しいものをよこせと催促してきたり、外出しようとすると、それ…

いつまでも一緒

ぺいが旅立ってから、まもなく一年が経とうとしている。それでも、相変わらず、夜になると、ぺいの事が忘れられずに、毎日、生前に撮ったぺいの動画を見ている。そして、動画を見ていると、週に二日か三日は、思いっきり大粒の涙が溢れてくる。そういえば、…

かくれんぼ

「ぺい、いつまで隠れてんの?」「出てこいよ~、ぺい」「・・・。」「ダメだよ~、いい加減出てこないと・・・」 帰宅して玄関のドアを開けても部屋の中は静まりかえっている。もう、ぺいが旅立ってから半年以上が経った。どこを探してみたって、どこにも居…

引っ越し

あの日から二か月。トイレの砂、食器、爪研ぎ・・・、ぺいが使っていたものは、何一つとして動かさないでいた。それは、一つ一つ、全ての物が、ぺいの一部のような気がして、ずっと、このままにしておこうと思ったからだ。もちろん、それらを目にすると、寂…

楽しい思い出の意味

月命日の翌日、朝、いつものように仏壇に供えてある水を取り替えた。そう、仏具が届いてからは、朝晩、生前と同じように毎日欠かさず新鮮な水に取り替えている。それにしても、前日の余韻が思いっきり残っている。でも、今日は仕事だ。気持ちを切り替えなけ…

月命日

あの日から一か月が経った。大切な月命日は、秋分の日で祝日という巡り合せ。これも偶然なのだろうか?とにかく、仕事が休みなので、一日中、ぺいの事だけを考えて過ごせるという事が心の底から凄く嬉しかった。まずは、朝起きて、花屋さんが開店する時間を…

初七日

ピンポーン「〇〇運輸ですが・・・」ぺいが旅立って四日目の夜にインターネットで注文していた猫用の仏壇と仏具が届いた。そう、あの日、火葬を終えて家に戻り、部屋の棚の上に骨壺と写真立て、そして、造花を並べて置いてみたけど、骨壺は、ずっと手元に置…

十一年と百十八日

ぺいが旅立って二日目。とてつもなく悲しい。悲しくて悲しくて仕方がない。ぺいが生まれたのは、二〇〇三年の二月十日。どれだけの日数を生きていたのだろうか?インターネットで日数計算というキーワードで検索してみると、計算の出来るサイトがあったので…

■第五章 神様からの贈り物

そもそも、命に永遠なんてない。いつか別れが訪れる事は覚悟していた。出会いがあれば必ず別れが訪れる。それは、仕方のない事。そんな事、頭では良く分っている。でも、本当に別れが現実になると、とてつもなく悲しくて悲しくて仕方がない。こんなにも悲し…

八月二十四日(日)

気づくと朝を迎えていた。昨夜は一度も目が覚める事なく熟睡した。もちろん、疲れていたのかもしれない。でも、それよりも、ぺいが、やっと痛みや苦しみから解放されて安らかに眠っている事に安堵出来たように思えた。それにしても、やっぱり、夜が明けても…

八月二十三日(土)

昨晩は寝るのが遅かった。だから、いつもより少し遅めに起きた。そして、真っ先にぺいの姿を探した。良かった!まだ生きてる。ただ、異様な恰好は、昨晩と何も変わっていない。でも、まだ、ぺいの命は、自分と同じ、この世にある。だからこそ、今日も、一秒…

■第四章 虹の橋

いくら楽しい思い出を作っても、いくら嫌な思い出があっても、死んだら全てが灰になってなくなる。きっと、魂なんて妄想の産物に過ぎない。それなのに、何のために、楽しい思い出を作ろうとするのか?楽しい思い出を作る事に何の意味があるのか?

八月二十二日(金)

起床と同時にぺいの姿を探した。良かった。まだ生きている。ただ、朝起きてみると、部屋の中に血溜まりが三か所もあった。またしても昨晩から始まった酷い出血が止まっていない。朝一番に血溜まりを拭き取って水場の水を取り替えた。それと、朝食の注入は、…

八月二十一日(木)

今朝も起床と同時に緊張しながらぺいの姿を探した。もう、こんな朝が一週間も続いている。それにしても、昨晩もぺいの事が気になって殆ど眠れなかった。今日も頑張って生きてくれている。でも、容態は日に日に目に見えて悪化している。とても、単純には喜べ…

八月二十日(水)

朝起きて真っ先にぺいの姿を緊張しながら探した。容態が悪くなっているから凄く緊張する。直ぐにフローリングの床面に姿を見つける事が出来た。しかし、死んだように横になっている。もしかして...。少し焦った。でも、良く見てみると、お腹が弱々しいながら…

八月十九日(火)

昨晩は、今までで一番徘徊が酷かった。夜中の間、ずっと、三十秒置きぐらいの感覚で一晩中ベッドに上がったり床に下りたりを繰り返していた。ベッドに何度も上がってくるという事は、本当は寝不足で、ゆっくり眠りたいのだろう。でも、痛くて苦しくて、じっ…

八月十八日(月)

どんどん腐敗が進んでいる。癌は腐敗して居場所がなくなりそうになると新天地を求めて隣へ隣へと移動してゆく。そして、元々、全く問題のなかった場所も腐敗させてゆく。だから、腐敗というよりは身体が溶けてゆくという感覚の方が近い。私の大切な、私の愛…

八月十七日(日)

朝、起きてみると、またしても一センチぐらいの小さな糞が部屋の中が落ちている。今回は、二か所にあった。前回と同じ固形の糞だ。おとといあたりから、砂場では、一度も糞をしていない。おそらくこれから先、糞は部屋の中にする事になるのだろう。きっと、…

八月十六日(土)

今日は休日。昨日、とにかく、一日中、家にいて、ぺいと同じ空間で同じ時間を少しでも多く過ごしたいと思った。もちろん、この数か月、いつも同じように思ってきた。だけど、今まで以上に、一分一秒でも多く一緒に過ごしたいと以前にもまして思った。もう奇…

八月十五日(金)

朝、起きると同時に真っ先にぺいの様子を確認した。緊張しながらの確認。死んでないだろうか?そんな心配が必要なまでに悪化している。良かった。新しい朝を迎えられて良かった。なんとか生きている。それにしても、健康であれば何気ない一日一日という時間…

八月十四日(木)

一目で、どう見ても容態が著しく悪化してきている事が分かる。見るに堪えない。ぺいの名前を普通に口に出す事さえ躊躇してしまう。なぜなら、名前を呼ぶと気を遣わせてしまう事は確実だし、気を遣わせてしまうと負担を掛けてしまうからだ。それでも、小さい…

八月十三日(水)

夜、またぺいを廊下に出してやろうと思って玄関のドアを開けてみた。いつもなら直ぐ外に出て行こうとする。でも、今日は、ドアが開いた事は、目で見て認識しているのに出て行かない。あれほど興味があった世界なのに、もう満足したのだろうか?きっと、好奇…

八月十二日(火)

夜、洗濯をしようと思った。実は、洗濯機は昔ながらの二槽式を使っている。単に壊れないから二十五年ぐらい使い続けているのだけど、二槽式の洗濯機は、簡単に洗濯漕の中に水だけを溜めた状態に出来る。この日、私は、洗濯機をそんな状態にしてパソコンに向…

八月十一日(月)

朝、起きると部屋の床に長さ一センチぐらいの小さな糞が落ちていた。ぺいの糞だ。深夜、動くのも辛くてトイレに行けなかったのだろう。固形の糞だったので臭いもなくて幸いだった。それにしても、部屋に糞をするなんて初めてだ。ぺいは飼い始めた日から何も…

八月十日(日)

休日なので母が来た。このところ、毎週、水曜と日曜日には、欠かさずぺいの様子を見に来てくれている。母は、電車で何度となく通院させていたら情が移ってしまって、以降、様子が気になって仕方がないと話してくれた。正直、そう言ってもらえると凄く嬉しい…