「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
ありのままの事実を、感じた事を全て残しておくことにしました。

2015-10-12から1日間の記事一覧

三月十四日(金)

昨晩は、色々と考え事をしていた。それで、幾つか質問したい事が出てきたので、手術前の相談という事で担当の先生宛に電話をした。この日から、病院とのやり取りは、T動物医療センターへ変わった。一つ目は、癌が根治して寿命が数年単位で伸びる可能性につ…

T動物医療センター

全ての生き物に必ずいつかは訪れる死。そんな事は分っている。だけど、そんな事、意識する事もなく過ぎ去っていった時間。その過ぎ去っていった時間は二度と繰り返されない。それは、これから訪れる時間でも同じこと。ぺいは、あと、どれ位、この世にいられ…

三月十二日(水)

ぺいは、ベランダに出て外の景色を眺めている。猫だって早朝の朝日と澄んだ空気はきっと気持ちが良くて、それを全身で感じているのだろう。ぺいの目線の近くでは、小鳥が「チッチ」、カラスが「カァカァー」と飛んでいたり、眼下に人や車が忙しなく動いてい…

三月十一日(火)

引き続き、少しでも空いた時間があれば、とにかく、片っ端からインターネットで扁平上皮癌に関する情報を収集していた。すると、口の中に出来た良性の腫瘍であっても、それに刺激を与えると癌化する場合もあるという記事があった。そういえば、二月の中頃、…

三月十日(月)

電話が鳴った。病院からだ。T動物医療センターへの入院が、一週間後の三月十七日で予約出来たという連絡だった。もちろん快諾した。紹介状をお渡ししますので来院下さいとの事だったので、そこで、仕事を定時に切り上げて病院に向かった。実は、ずっと気に…

三月九日(日)

朝、電話が鳴った。病院からだ。何だろう?まだ、検査の結果は出るはずない。そう思いつつ電話に出てみた。すると、なんと検査の結果が出たとの話。私は、「あれ?土日に検査結果が出る事はなかったのではないですか?」と聞いてみた。すると、「昨日、夜に…