「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との闘い~

とある日、愛猫の「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
今、癌と向き合っている、今まで癌と向き合ってきた...。
そんな周囲の方々に、お届け出来ると幸いです。

八月二十三日(土)

昨晩は寝るのが遅かったから、いつもより少し遅めに起床した。真っ先にぺいの姿を探す。良かった!まだ生きてる。しかし、異様な恰好は、昨晩と何一つ変わっていない。でも、まだ、ぺいの命は、自分と同じ、この世にある。だからこそ、一秒一秒というかけがえのない大切な時間を、今日も一緒に刻めていることが本当に心の底から嬉しい。ただ、やはり気になるのは、おそらく今日明日の命という事。癌という事が分って半年か・・・。私は、そんな事を思いながらキッチンに立っていた。キッチンは、ぺいがへちゃげて、うつ伏せになっている場所から二メートルほどの場所だ。そんな時だった。時間は、午前十時半頃、ふと動くものを横目に感じた。顔を上げてみると、ぺいが尻尾をパタンパタンと大きく振っている。あれ!?どうした?このところ尻尾なんて全く振らなくなっていたのに・・・。もしかして、もしかすると、少し元気が出てきたのかな?もしかして、元の普通の状態に戻りたいのかな?そんな意思表示なのかなと思った。そして、思いがけない展開に嬉しさが込み上げてきた。もし、そうなら、あともう一週間、次の休日まで、なんとか生きていてほしい。食事の注入だって少し再開しないといけないな・・・。そんな期待に胸が膨らむ。そこで、ぺいの横に座ってみた。もう、こんな状態で丸一日。もしかして、随分前から普通の状態に戻りたかったのかも・・・。でも、ここまでへちゃげた状態になったら、絶対に自力で元の状態に戻れそうにない。だから、その事を私に何とか伝えたくて、尻尾で意思表示をしているのだろうと思った。そこで、ぺいの前脚の両脇の下に私の手を入れて、自力で立てるぐらいの高さにぺいの身体を持ち上げてみる。少しでも状態が回復していて、本当に立ちたいという意思があるのであれば自力で立つだろうと思えた。よっ!あれ?いざ持ち上げても、なぜか全く立とうとはしない。それであれば、このまま持ち上げていても仕方がない。再び、持ち上げた身体をゆっくりそのまま床に下ろす事にした。すると、また、下ろすにしたがって、ぺいの両脚は直角に曲がって、結局、元のへちゃげた状態に戻った。やっぱり駄目なのか?立ちたいという意思はあっても、まだ、実際に立てるほど回復してなかったのか?

 

それにしても、朝、起きた時には、ぺいと、この世で一緒に過ごせるのは、今日明日ぐらいまでかと思っていた。でも、この事は、もしかしてと期待を抱ける出来事だった。だから、その分、結果的に立てなかった事は、精神的にダメージが大きかった。やっぱり、今日明日の命なのか?やっぱりダメなのか?もう、本当に死んじゃうのか?まだ、一緒にいたい!別れたくない!そんな思いが頭の中を過ぎった。そして、落胆からか怒涛のように急に悲しみが込み上げてきた。「ぺいちゃん、なんでこんなになっちゃったんだよ~」「なんで癌なんかになっちゃたんだよ~」今まで、無意識に心のどこかで我慢しながら溜め込んできたものが、再び、堰を切ったように溢れてきた。でも、そんなものなんて、今まで何度も散々涙で洗い流してきたはずだった。それなのに・・・。それなのに・・・。「ぺいちゃん、ごめんな」「助けてあげれなくてごめんな~」「本当に本当にごめんな~」「痛いよなぁ~」「ぺいと別れたくないよぉ~」「散々、苦しい思いをさせてごめんな~」「まだ、ずっと一緒に居たかったよな」へちゃげているぺいの真上で思いっきり声を荒げて泣いた。どれぐらい経っただろうか?どれぐらいの時間泣いていただろうか?多分、三十分ぐらい号泣していたように思える。ふと、我に返り目を開けてみると、自分の流した涙が幾つも粒になって床に落ちている。その時だった、ぺいが、少しだけ私の方に頭を向けてくれた。今のぺいは、昏睡状態ともいえる状態。それなのに、まさか、何か反応を返してくれるなんて思いもしなかった。そもそも、頭を少し動かすだけだって、渾身の力が必要なはずだ。それなのに、それなのに・・・。ぺいちゃんは本当に最後の最後まで・・・。「ありがとう」「ありがとう、ぺいちゃん!」「本当にありがとう!」ぺいの事が愛おしくて愛おしくて胸が締め付けられる。でも、もう一緒に過ごせる時間は本当に残り僅か・・・。そんな現実が直ぐ頭を過ぎる。私は、無性にぺいが我が家にきたばかりの頃の写真を見たくなった。あたり前だけど、十一年前のぺいの姿は初々しくて元気な様子ばかりだ。それらの写真を見ていたら、その一枚一枚全てに写真を撮った当時の気持ちが鮮明に心の中に蘇ってきた。それにしても、つい最近の事のように思える。十一年という年月は過ぎてみれば本当に早かった。私は、それら写真の中から選りすぐった一枚をぺいの視線の先に置いてみることにした。なぜなら、若かりし頃の姿を見る事によって、我が家に来てからの思い出を旅立つ前に一つでも多く思い出してほしかったのと、若い時のパ漲るパワーを本当に少しでも獲得して元気を取り戻せるものなら取り戻してほしいと思ったからだ。ただ、やはり写真を置いたところで、相変わらず瞼は開いたまま。きちんと写真を認識出来ているのだろうか?そんな事、さっぱり分からない。とりあえず写真は、ほんの少しでも何か良い事に繋がったら良いなと思ったので、そのままにしておこうと思った。

 

しかし、もう二度と立てそうにない。このままだと、いつ死んでしまっても不思議ではない。以前から何度も情報収集をしてきたけど、もうさすがに、火葬場の住所などについて、きっちり最終確認しておかなければと思った。そう言えば、動物の葬儀について色々と調べていると、動物の葬儀には、合同葬や個別葬、立会葬などの種類がある事が分かった。また、立会葬でも移動火葬車が自宅近辺まで来てくれるものもあれば、こちらから火葬場まで出向くものまであるのだという事が分った。もちろん、それと、大切なぺいの火葬は、絶対に人間と同じように火葬場で立会葬で執り行いたいと思っていた。それと、そうした条件を満たしてくれる火葬場が、自宅から意外と近くにある事までは既に確認していた。そこで、あらためて、そのチェックしていた火葬場のホームページを訪れてみた。そして、もう一度、正確な住所や葬儀の申し込み方法を確認する事にした。すると、火葬の申し込みには、電話と、ホームページ上にある申し込み欄から申し込むという二通りの方法があって、ホームページからだと十%割引と書いてある。私は、もし、これから先、ぺいに何かあった時には、安くなるホームページの方から申し込もうと思った。正直、きちんと本当に受け付けてくれるのか少し不安だったけど、申し込んで少し待っても何もなかったら、きっと電話すれば割り引いてくれるだろうと思った。ちなみに、この時、時刻は、ちょうど正午頃だった。私は、パソコンデスクの椅子に座ってホームページを見ていたから、ぺいは、私の背後にいた。ふと、ぺいの事が気になって振り返って様子を見てみても、あの写真を置いた時と何一つとして変わらない。そういえば、ぺいの視線の前に置いた写真は、もう三十分程置いたままだ。ぺいには残念だけど何も変化がなさそうだ。このまま置いていても仕方がない。とりあえず写真は回収する事にした。そして、またパソコンに向かって座った。それにしても、パソコンの画面を見ていても、頭で考えている事は、常にぺいの事だけだ。大丈夫か?峠は越えただろうか?ついさっきまでは、今日明日の命と思っていたけど、もしかしたら、もう少し生きていてくれるかもしれないのだ。火葬場の情報を確認しつつも、そんな希望も心の中に芽生えつつあった。今日は、久々に尻尾を大きく振ってくれたし、私が泣き終わった時、頭を少し私の方に向けてくれたりもした。そんな変化や出来事が凄く嬉しかった。そう言えば、今夜になったら丸二日間、食事を抜いた事になる。これ以上、食事を抜くと別の意味で命を危険にさらす事になる。夜、久しぶりに少しだけ食事を注入しよう。まさにそう思った時、後方から変な音がした。その音の正体、それは声にならない声だった。時間は、十二時半頃。振り向いて見ると、また、ぺいが前後の脚をググっと力ませている。やっぱり、へちゃげた恰好のまま辛くて何とか立ちたいのか?でも、前みたいに脇の下に手を入れて身体を持ち上げて、結局、自力で立てなかったら、無駄に負担を掛けてしまう。どうしょう?少し考えて、出来うる限りの最善策として立とうしているのであれば、そのアシストに徹する事にした。具体的には、私が、ぺいの身体の上に覆いかぶさるような恰好になって、力ませているぺいの前後の両脚を少しでも踏ん張りが利くように、私の両腕で挟み込んでみるという方法だ。それで、ぺいが前後の脚をググッと力ませた時、腕を内側に狭めてみる。駄目だ。やっぱり立てない。もう、立ちたいと思っても立てないのか?

 

それから、さらに、三十分程、経った時だった。突然、後方から今までに聞いた事のない奇声が聞こえた。それは、紛れもないぺいの声。私は、びっくりして勢いよくバッと後を振り向いた。ぺいの下顎は完全に失われて、舌も床にあたって百八十度折れ曲がっている。そんな状態で発した声。声になっていない声。ぺいは、また両脚が力んでいる。でも、幾度も、なぜか、とても強く力んでいるのが分かった。何だ?これは、今までの力みとは明らかに違う。あっ!この時、やっと脚を力ませていた理由が分かった。それは、決して立とうとしていたのではなくて、痛くて苦しくて力んでいたのだ。その前に尻尾も振っていたから、私は、てっきり少し元気になってきたのだとばかり思っていたのだ。とんだ勘違い。青天の霹靂だった。それにしても、今、目の前で、もだえ苦しんでいる様は、完全に常軌を逸している。これは本当に危ない。もう、これは危篤だ。容態が非常に切迫した事を理解するのに全く時間は必要でなかった。そうだ、母に連絡しないと!ずっと、二人三脚で一緒にぺいの面倒を見てきたのだ。母にもぺいの最期に立ち会ってもらわないと・・・。でも、ぺいの様子は、いつ死んでしまってもおかしくない。もしかしたら、母と会話している間に死んでしまうかもしれない。それほど切迫した状況。ぺいの最期は、一秒たりとも目を離さずに見守っていてやりたい。そうしないと絶対に後悔する。とにかく、そう思った。だから、母への連絡は、一旦中止することにした。

 

そして、そのままぺいの様子を見守っていたら、今度は、両脚だけでなく全身にも力が入ってきた。それでも、恰好は相変わらずへちゃげたままだ。だから当然、身体は殆ど動かせない。それなのに全身が激しく動きだした。そして、表現しがたい苦痛を訴えるような喉からの奇声が続いた。もうこれは、完全に悶え苦しんでいる。でも、私は、何も出来ない。ぺいが苦しむ様子を見ているだけ。それが、精一杯だった。そして、一瞬たりとも目を離せない緊迫した状態が続いた。どれほど時間が過ぎただろう・・・。それは、初めに奇声を発してから三十分程経過していた時なのではと思う。呼吸で動いていたはずの腹部が動かなくなったような気がした。あれ?もしかして?いや、気のせいだ・・・。あまりに苦痛が続いて少し呼吸が弱くなってしまったか?腹部の近辺を注視しながら見続けていた。すると、腹部の上部のあたりから胸の方にかけて、波打つように筋肉が、大きく二度三度、間隔を置いて動いた。良かった!大丈夫だ!まだ大丈夫だ!動いている!でも、そう思った直後だった。頭の先から尻尾の先まで、なぜか一切、動きという動きが感じられない気がした。えっ!?今、何が目の前で起きているのか?私は、頭の中が混乱して状況を理解出来ずにいた。まだ心臓は止まってないよな?さっき、波打つように筋肉が動いていたし・・・。だから、まだ心臓は動いているよな?まだ、大丈夫だよな?大丈夫なはずだよな?そんな不安に怒涛のように襲われた。その瞬間、頭の中が真っ白になった。あれ!?でも、動いてない?もしかして・・・。えっ、動いていない?そうだ!瞼は目に近いから、瞼を触ってみれば、その反応で生きている事が確認出来る。私は、ぺいの瞼に手を当ててみた。えっ!?違う・・・。一瞬で瞼に手が触れた瞬間に分った。石のように硬い。今までとは違う何か別のものを触ったような感覚。とてつもない違和感を手に感じた。え!?死んでる・・・。も・・・、もう死んでる・・・。そのまま瞼を手で閉じようと思った。でも、皮膚が硬直している。「おい!いつ死んだんだよ!」「ぺい!」「おい、ぺい!」「いつ死んだんだよ~お前~」時計を見てみると十三時半。ぺいが・・・、ぺいが死んだ・・・。「ぺいちゃん・・・。」もう二度と動かない。そんな死という現実。良く頑張ったな。やっと楽になれたな。安らかに眠ってほしい。そう思うことしか出来なかった。私は、もう一度、瞼を閉じてみようと思った。でも、どれだけ力を入れても閉じられない。もしかして、ずっと瞼を開けたまま丸一日程過ごしていたから、それで筋肉に癖がついてしまったのか?それにしても、まだ息を引き取ってから一分程しか経っていないはずだ。それなのに、どれだけ力を入れても閉じる事が出来ない。あの世に行ったのだから、もうこの世なんて見ないで目を閉じて安らかに眠ってほしい。だから何とか瞼は閉じてやりたかった。でも、このまま閉じる事の出来ない瞼ばかりに気を取られている訳にもいかない。もう、死後硬直が始まっている。とにかく前後両脚を広げたムササビのような恰好で硬直させる訳にはいかない。かわいそうだし、棺にも入らなくなってしまう。私は、ぺいの身体を床からゆっくり持ち上げて、左右の両脚を重ね合わせるように折り畳んだ。これで、猫が普通に横を向いて寝る時の自然な恰好になった。今日は土曜日。週明けからは、また一週間仕事がある。もし、ぺいが死んでしまったら、火葬は休日中に終わらせたいと思っていた。私は、例の火葬場のホームページにアクセスして、取り急ぎ日曜の十五時から火葬を希望する旨の予約を済ませた。そして、このタイミングで母に電話する事が出来た。「ぺいが死んだ」「え?死んじゃったの?」「いつ?」「今」「え!?今?」「うん・・・」「分かった、じゃあ、今からそっちに行くから」「分った・・・」ぺいの命が短い事は覚悟していた。だけど、現実を目の前にすると、ぺいか死んだという事を伝える必要最低限の言葉を並べるだけでも口が凄く重かった。でも、ひとまずこれで火葬の手配も母への連絡も終わった。この後、母が到着するまでには、最低でも三十分は掛る。私は、あらためて動かなくなったぺいの前に座って、ぺいに声を掛けた。「ぺい、お前は、本当に最後の最後まで良く頑張ったな」「やっと、楽になれたな」「ゆっくり眠れよ・・・」そんな言葉を何度も何度もぺいに届けた。でも、本当は、まだまだ生きていたかったはずだ。「まだ本当は生きていたかったよな・・・」「ぺい?」そんな事も聞いてみた。ぺいとは、一緒に奇跡を信じながら頑張ってきた。それなのに・・・。それなのに・・・。まだ、一緒に暮らしていたかった。まだ、別れたくなんてなかった。まだ十一歳じゃないか!人間で言えば還暦を過ぎたばかりぐらいじゃないか・・・。それなのに・・・。それなのに・・・。再び、悲しみが込み上げてくる。ほんの一時間半程前にも声を荒げて泣いたばかりだった。あの時には、もう散々泣いて、これ以上、涙なんて尽きて絶対に残ってないと思っていた。でも、もう二度と動かない。ぺい・・・。痛々しくてボロポロの身体になったぺい。そんなぺいが目の前にいるかと思うと、また、抑えようのない悲しみが怒涛のように込み上げてきた。「ぺい~、戻ってこいよ~」「どうしてそんなに早く死んじゃうんだよ!」「ぺい、ごめんな~」「痛い思いをさせて、ごめんな~」「本当に痛かったろ」「痛かったよな~」「辛かったろ~」そんな事を何度も口にしながら声を荒げて泣いた。きっと、近くに人がいたら泣き声と混じり合って何を言っているのか分からなかったはずだ。もしかしたら、泣き声だって玄関の外に漏れていたかもしれない。とにかく、我を忘れて泣いた。こんなに大泣きしたのは生まれて初めてだった。

 

そして、どれほど時間が経ったのか?時計を見たら、二十分程泣いていたみたいだった。そう言えば、まだ、母は到着しない。私は、ぺいの身体を死に化粧ではないけど綺麗にしようと思った。ぺいの身体には涎や血液などがこびりついている。天国では、綺麗な身体で過ごしてほしかった。「ぺいは本当に綺麗好きだったからな~」「綺麗にしような」「ぺいちゃん」やさしく声を掛けながら手や足を拭いた。元気な頃は、猫だからあたり前だけど、暇さえあれば自分の舌で身体を舐めていた。でも、癌になってからは、そんな猫として当たり前の事すら叶えられなくなった。どんな気持ちで過ごしていたのだろう?ちなみに、癌になって一番汚れが酷かったのは前脚だった。だから、時々、風呂場に連れて行って、シャワーでぬるま湯を掛けながら洗ってやった。だけど、この二週間程は、本当に辛そうで身体を持ち上げたり、まさかシャワーを掛けたりなんて絶対に無理という状況だった。あっそうだ!ふと、ぺいの口の中が気になった。それは、どうしても何だか分らない正体不明のものが口の中にあったからだ。それは、棒状の口の奥の方から突き出ていた。この際、口の中を徹底的に観察して見て見ようと思った。今までも機会を見つけては何なのか知りたくて見てきたけど、生きている時には、どうしても観察しづらくて分からなかった。でも、それが、何だったのか、それが、この場に及んで、やっと分かった。それは、右下の顎の骨。分かってさえしまえば、どうして今まで判らなかったのかと不思議だ。でも、その骨の形は、半分以上が癌細胞に冒されていたから、顎の骨の形状からは、かけ離れていたし、その骨は、癌に冒された影響で酷く変色していたから、まさか顎の骨なんて思わなかった。

 

そう思った時。また、白いものが視界に入った。床に一匹。また蛆虫だ!「こんちくしょう~!」この数日間、散々捕まえたのに、まだ居たのか!「本当に、いい加減にしてくれ!」発狂した。でも、この蛆虫は、今まで捕まえてきた蛆虫とは違って瀕死の状態に見える。多分、宿主が死んだから命からがら脱出してきたんだろう。それにしても、ぺいは、もう死んだというのに・・・。もしかして、まだ蛆虫が居るのか?もしそうだったら、とんでもない!そう思い上顎にある穴の中を見てみる。すると、もう一匹、穴の中から出てこようとしている。「本当にいい加減にしてくれ!」「ふざけんじゃねぇ!」直ぐピンセットを準備して摘み出した。もう一度、穴の中を見てみる。すると、また白いものが見えた。「こんちきしょう!」「もう、いい加減にしてくれ!」そして、さらに一匹を摘み出した。もう一度、穴の中を見てみる。まだか?これで大丈夫か?さすがにもう大丈夫そうだ。結局、死んだ後に、また三匹も摘み出した。「本当に最後の最後まで・・・」それにしても、この三日間で捕まえた蛆虫を全部足したら何匹になるのか?計算してみた。最初に十二匹、昨日が五匹、そして、今日が三匹。足すと全部で二十匹!それも、全部一センチ大の大きさ。上顎の狭い空間に二十匹もの蛆虫がいたのだ。一体、どこに、そんな空間があったのか?とにかく本当に冗談じゃない!もう、本当にいい加減にしてくれ!しかし、これでやっと、蛆虫は全部退治出来たはずだ。火葬が蛆虫と一緒だなんて、それこそ絶対にあり得ないと思った。

 

そうして、その後、私は、気を取り直して、ぺいの身体拭きを再開する事にした。それにしても、固くこびりついた汚れは易々とは落ちてくれない。だから、水を汲んできて汚れをふやかして、時間を掛けながら落としてゆく。そして、顔の頬を拭こうとした時、思わず手が止まった。上顎の口の周りの毛が擦れて殆どなくなっている。そういえば、ここ数日は、フローリングの床面に上顎が接している事が多かった。本当に予期しない場所までボロボロになっていて痛々しい。そう思った瞬間、ガチャと音がした。玄関のドアを開ける音だ。母だ。時計を見ると、二時十五分。電話をしてから約四十分で到着してくれたから、直ぐに身支度をして駆けつけてくれたようだ。そして、部屋の中に入って来た母の目にも動かないぺいの姿が映った。母も心の準備をしながら駆けつけてくれたに違いない。だけど、実際に動かなくなったぺいを目の前にするとショックを隠せない。「ぺいちゃん」「ぺいちゃん・・・。」ぺいの名前を何度も呼んでくれている。

 

間もなくして電話が鳴った。火葬場からの電話だった。話によると、ホームページ上から予約を希望していた十五時からの火葬は、既に予約で埋まっているとの話。でも、そのかわり、午前の十時か午後の十三時半からであれば空いているとの事。出来る事なら少しでも遅い時間にして、ぺいと一緒に過ごせる時間を一分一秒でも多く確保したかった。だけど、こればっかりは仕方ない。私は、「では、十三時半からでお願いします」と伝えた。すると、当日は、火葬前の手続きがあるようで、火葬時刻の二十分程前に到着してほしいとの事。さらに短くなるのか・・・。まぁ、こればっかりは仕方がない。とりあえず、何はともあれ、仕事が休みの間に、火葬を終えられる目途がついて何よりだった。そうして、火葬場との電話を終え、直ぐ母に明日のスケジュールを伝えた。まず、火葬場に向けて出発する時刻は、余裕をもって到着したいので十二時過ぎにしたいという事、そして、最後のお別れの時間を考えると、火葬場に向かう一時間程前に、私の家に到着すれば良いのでは?という事を伝えた。母は、ぺいの身体を撫でながら「うん、分った」との返事が返ってきた。そして、一呼吸おいて、「病院へ連れて行くまでは、一緒に暮らしてなかったし、だから特別どうって事なかったけど、病院へ連れてゆくようになったら、どんどん情が移っちゃって仕方なかったよ」と、ぺいに対する気持ちを話してくれた。母は、ぺいが病院へ通院させる必要がなくなってからも、ほぼ毎週必ずといって良いほど、ぺいの様子を見に会いにきてくれていた。それも、ただ、来るというだけではなかった。ぺいを気分転換させてやりたい一心で蝉を捕まえてきてくれたり、生きているうちに少しでも美味しいものを食べさせてやりたいとの思いで、やわらかく湯通しした肉を用意して家から持ってきてくれたりもしてくれていた。私は、母の言葉を聞いて、ほんの短い数か月という期間だったかもしれないけど、凄く沢山の思い出が頭の中に浮かんできた。それと、母は、「昨日はぺいの横で、ずっと歌を歌ってあげてたんよ」という事も話してくれた。何の歌かは聞かなかったけど、きっと、ぺいの名前を含んだ子守唄ぽい歌だろうと何となく思った。ありがとう!ぺいも、最期を迎える前に母から励ましの歌を聞いて、どんなに元気づけられた事か。そして、そう思った瞬間、また思わず涙が溢れそうになった。いい歳した大人が、まさか母の前で涙を見せる訳にはいかない。このままでは拙い。私は、何とか気を紛らわせる方法を考えた。そうだ!壁には、特にぺいの涎が四方八方に付着している。ぺいの亡骸を見ないように、ひたすら壁を見ながら掃除をしていれば少しは気が紛れる。あと、私が掃除をしていれば、母にも、ぺいとの別れの時間を存分に作ることが出来る。それは、一石二鳥に思えた。そこで、ぺいの身体拭きは母に引き継いで、私は、部屋の中の拭き掃除を始める事にした。

 

それにしても、掃除で絶え間なく手を動かしていたとしても頭の中では違う事を考えている。ぺいが苦しんで息絶えた時の光景が何度も蘇ってくる。ぺいは、凄く悶え苦みながら死んでいった。時間にすれば、三十分程だったかもしれない。でも、ぺいの苦しみは、そのまま自分自身の苦しみで、ぺいの苦しむ様子を見ていた時間は、苦痛以外の何物でもない拷問のような時間だった。私は、ぺいが息絶える直前、ぺいの身体の上に覆いかぶさるように死神が取り付いて、ぺいの身体と一体になっている生きようとする意思の塊のようなものを容赦なく剥ぎ取っていったような気がした。もしかしたら、その塊のように感じたものが、目には見えない魂そのものだったのかもしれない。とにかく、ぺいは、苦しんで苦しんで、もがき苦しんだ。そして、声にならない喉からの声のようなものを何度となく出していた。その苦しむ様子と声にならない声は、「もう、その身体はボロボロだからいい加減諦めろ」「もう、お前は、この世での使命は充分果たした諦めろ」という死神からの説得を聞き入れることなく必死に抵抗しているように思えた。とにかく、その様は壮絶だった。そういえば、つい最近まで、「頑張れ!頑張れ!」「みんな頑張ったんだから、ぺいも頑張れ!」といった言葉をぺいの耳に届けてきた。だけど、今は違う。「本当に最後の最後まで良く頑張った」「ぺいは本当に本当に凄く頑張った」「みんな頑張ったけど誰よりもぺいが一番頑張った」「世界で一番誰よりもぺいが頑張った」ぺいの頑張りを心の底から褒めてあげたくて、そんな言葉が次から次へと言葉が出てきた。すると、母も直ぐに私の気持ちに共感してくれて、さらに、母と一緒になって、ぺいの頑張りを何度も褒めた。褒め続けた。そして、ぺいの事を褒めたり、母と、ぺいとの思い出話をしていると何度も涙が溢れそうになった。でも、そんな時は、思わず涙声になりそうだったから、気持ちが落ち着くまで何も言葉に出来なかった。だけど、それも想定通りで、拭き掃除に集中しているフリをして間を繋いだ。だけど、掃除中には、母との会話以外の事でも涙が出そうになった。それは、普段、目につかないベッドの隙間を掃除で覗いた時だった。何と床面に大量の血痕があったのだ。その血痕は、完全に乾いていたけど、かなりの血の量だという事が容易に想像出来た。癌の痛みに苦み、そして、こんなにも大量出血して、ぺいは、癌になってから、どれほど辛い時間を過ごしてきたのだろうか・・・・。想像すると、途端に涙が溢れそうになった。そもそも、手術をして胃瘻までつけて存命させた事が、本当に正しい選択だったのか?何度も決して後悔はなく正しい選択だったと思っているけど、少なからず、再び、そんな感覚に襲われた。そうして、母がきてから一時間半ほど経った頃、もうどこにも掃除するところはない。そうして拭き掃除を終えた。母は、まだ、ぺいに声を掛けながら身体を拭いたり撫でたりしてくれている。そんな母を見ていて思った。ぺいを火葬にする前に、母にも、ぺいとだけになれる時間を作ってあげたい。それと、何か他に準備しておくべき事は・・・。そうだ!棺の準備は出来ているけど、まだ、棺の中に入れる生花は買っていない。本当なら、今夜、少し出掛ける用事があるので、その時、ついでに買ってこようと考えていたけど、急遽、時間潰しも兼ねて、先に生花を買ってこようと思った。そして、花を買いに行ってくることだけを伝えて、私は、花屋へ出掛けた。

 

花屋へ向かう途中、買う花は、やはり少し拘りたいなと思いつつ自転車をのんびり走らせた。そもそも、猫という動物に添える花だから形式のようなものには捉われないで自由に決められるという事は、私のぺいに対する思いを花に込める事が出来るという事だ。だから、ぺいの死は、とても悲しい事だけど、ありきたりな人の為の仏花にするのではなくて、我々に凄く愛された特別な猫に相応しい花にしたいと思った。それと、ぺいの棺を用意している時に、あらかじめ心に決めていた花もあった。それは、百合の花だ。なぜ百合なのかというと、それは、何となくなんだけど、百合独特の白くて大きい優雅な雰囲気が大切な魂に添える花として最も見合う気がしたからだ。だから、百合の花は、とにかく出来るだけ大きいものを選びたいと思ったりしながら自転車を走らせていたら花屋に到着した。花屋の店頭には、仏花が沢山並べてある。時間的にもゆっくりしたかったので、ひとまず一通り仏花も見てみることにした。でも、やはり、仏花は、人間向けという気がしたし、ぺいの旅立ちには何だか地味過ぎて、ちょっと違う気がした。それと、もし、形式的に仏花を選択してしまうと、私のぺいに対する思いは何も反映出来ない。やっぱり、ぺいには、地味過ぎず、派手過ぎず、そんな花が似合う。実際に仏花を見た上でも、そう思えた。それで、白い百合と明るめの花、それと、明るい花ばかりというのも感覚的に違和感があったので、バランスを取る為に、仏花の中にある何か一番意味のありそうな菊の花だけを別途購入した。そして、それらを自転車の前かごに入れてみると、量的には何とか納まるぐらいで、カゴ一杯になった。これで、棺の中をお花畑のように花で一杯に埋めてやれる。ぺいという猫の旅立ちに相応しい葬儀をしてあげられることが、凄く嬉しかった。そして、そんな思いを胸に自転車を家に向けて走らせた。家に到着して、母の様子を見てみると、ぺいとのお別れは、存分に出来たようだ。

 

さぁ、次は、ぺいが快適に安らげる棺のセッテングだ。ひとまず、数日前にインターネットで調べた方法を参考に作業を進めることにした。まずは、昨夜、自作で作った棺の底にポリ袋を敷いて、その上にタオル、保冷剤、タオルと重ねて、最後にバスタオルを敷いてみた。もう、ぺいの身体は、すっかり綺麗になっている。そして、母も見守る中、ぺいを、ゆっくり抱えて棺の中で寝かせた。「これで綺麗な身体で天国に行けるな!」「綺麗な身体で過ごせるな」「良かったな!」棺の中のぺいに頭の中で話しかけた。それで、敷いているバスタオルの残りの半分の部分をぺいの身体の上に掛布団のように被せる。安らかに眠れよと思った。そして、バスタオルの上に、買ってきた花を一本一本並べてゆく。でも、花を並べていると、花や葉っぱで、ぺいが埋もれて見えなくなりそうになった。これは、ちょっと買いすぎたかな・・・。棺の中に買ってきた花が入りきらないので、花の茎を短く切ったりする事で、買ってきた花の全てを棺の中に納めた。花の一本一本が、天国に行っても幸せに過ごしてほしいと思う気持ちだった。そして、一本一本に、ありがとう!という気持ちを込めて並べた。正直、ぺいは猫だから、完全に花より団子で花になんか全く興味なかった。だけど、天国に行ったら、沢山の花で埋め尽くされた温暖な世界で、他の動物たちと楽しく幸せに暮らせよ!と思った。

ふと、外を見てみる。日が暮れてきそうだ。そろそろ母は帰るようだ。「じゃあ、また明日、気をつけて!」「うん、分った!」「もう、この前みたいにぺいは見送ってくれないね・・・」つい先日、母が玄関から出て行くのを見送っていたぺいの姿が蘇ってくる。もうぺいは動かない。いくら願っても・・・。もう二度と、あの時と同じ姿を見る事は出来ない。もう、二度と同じ事は繰り返されない。

 

 今日は、ぺいと過ごせる最後の夜になる。私が寝るベッドの直ぐ横に、痛みや苦しみから解放され、安らかにぺいが眠っている棺を、私と頭の方向が同じになるように並べて、「ぺいちゃん、一緒に寝ような!」「ぺいちゃん、おやすみ~」意識してぺいの耳に届けるように伝えてみる。ぺいと一緒に寝られる。それは、至福の時間。そして、これが最後の至福の時間。そんな幸せを噛みしめながら、部屋の明かりを消してベッドに入る。そして、隣で寝ているぺいに気持ちを寄せながら目を閉じた。

f:id:pei0823:20160321154328j:plain