「神様からの贈り物」

~扁平上皮癌との戦い~

2014年3月 愛猫「ぺい」に、突然、癌が宣告されました。
それでも、再び元気になれる奇跡を一緒に夢見て頑張った記録です。
ありのままの事実を、感じた事を全て残しておくことにしました。

三月十二日(水)

 ぺいは、ベランダに出て外の景色を眺めている。早朝の朝日と澄んだ空気はきっと気持ちが良くて、それを全身で感じているのだろう。ぺいの目線の近くでは、小鳥が「チッチ」、カラスが「カァカァー」と飛んでいたり、眼下では人や車が忙しなく動いている。この頃になると、ぺいは、過去に前例のない頻度でひっきりなしにベランダに出る事が多くなった。思い過ごしかもしれないけど、それは、見納めの如く眺めているように思えた。

f:id:pei0823:20151012153850j:plain f:id:pei0823:20151017142343j:plain